憧れの白い歯になりたい!その前に知っておきたいこと

施術前に知っておきたい!ホワイトニングのメリットとデメリット

美しく仕上がる!オフィスホワイトニングのメリット・デメリット

白い歯って素敵ですよね!!

白い歯は若々しい印象を与えてくれます。
というのも、私たちの歯は、黄色がかった象牙質を白くて半透明なエナメル質が覆った構造になっているのですが、加齢とともに象牙質の黄色さが強まったり、エナメル質が削れていったりするからです。
だから歯が黄ばんでいると、それだけで老けて見えるのです。

しかし、年だから仕方ないと諦めなくても大丈夫です。
ホワイトニングするという手があります。

ホワイトニングは大きく分けて、クリーニングとブリーチングの2種類があります。
クリーニングでは、歯の表面の黄ばみを落とします。
ブリーチングは、歯の組織内の色素を分解することで歯を白くするものです。
また、行う場所で分ければ、歯医者さんで行うものと自宅で行うものの2つがあります。
それぞれ、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングと呼びます。
しかし、どちらも1回は歯科医院を訪れる必要があります。
「ホームホワイトニング」なのに、歯医者さんに行く理由は、薬剤を処方してもらうことと、それを歯に固定するためのマウスピースを作成することが必要だからです。

ホワイトニングといえば、歯医者さんで行うイメージがあるのではないかと思いますが、実際、本格的な漂白であるブリーチングは、歯科医のもとでしか行うことはできません。
ホームホワイトニングもブリーチングであり、劇薬を扱うため、ケアを行うのは自宅だとしても、薬は歯科医院でしか買うことができないのです。

手軽なものでは、歯磨き粉や超音波の電動歯ブラシも販売されていて、一定の効果がありますが、これらはクリーニングに分類されます。

「でもホワイトニングって怖そうじゃない?」
確かに、よく知らない薬で歯の表面に刺激を与えるのだから、そう思うのは自然なことでしょう。
実際にホワイトニングを行う前に、メリットやデメリットをしっかり調べておくと良いですね。

TOPへ戻る